読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有給休暇って都市伝説って映画で言ってたなぁ

小池徹平主演のブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』って

映画がありました。

 

 

 劇中に「有給休暇なんて都市伝説だ!」みたいなセリフがあったと思います。

 

私も都市伝説クラスとは言いませんが、

よっぽどの事がない限り取れない状況でした。

 

社労士試験勉強で分かったことですが、

結論から言うと有給休暇は必ず取得できます。

会社は拒否はできません。

できるのは時季変更権があるのみ。

 

例えば、会社の大事な決算報告会に経理担当の責任者が

休みを取りたいと言ったとします。

会社は休みを取るのは良いけれど、その日は会社にとって

大事な日だから避けてくれません?とお願いができるってだけです。

 

・休みを取れなかった私の経験談

 

前職で、最後の引継ぎを1ヵ月掛けてやっていたのですが、

途中にストレスから咳喘息になってしまい、

咳が止まらなくなってしまいました。

 

そこで、有給休暇届を上司に提出すると、

「今がどういう時か分かってるのか!」と、

突っ返されてしまいました。

「どういう時」というのを分かって出したつもりでしたが、、、

 

後日、もう一度チャレンジしたら、上司は一度は受け付けましたが、

後から「会社判断で有給休暇はだめだ」と言われ却下されてしまいました。

 

「会社判断とは何ですか」と聞くと、

「昨日社長がお前のことを見て、大丈夫だと判断した」だそうです。

 

ちなみに、この上司、某大手電機メーカーで勤めてた時に組合にいて、

労働関係の法律が分かってるみたいなことを言ってたのに、

この程度です。

 

そこで労働基準監督署に相談すれば、すべてが解決するはずと、

期待を込めて相談に行くと、

予想外の回答。

 

「会社が、有給休暇を却下と言って、その日に出社してしまうと

却下を認めたことになってしまうから、

出社を拒否すればいいんです。」だそうです。

 

私としては、水戸黄門みたいに労働基準監督署のバッチを見せつけて、

「ひかえおろ~」ってやってくれるのかと思っておりましたが、

とてもとても、腰が重いようです。

 

実は、、、、

どうしても体調不良で出社が辛く、

この出社拒否を私は実際にやったのですが、

(さすがに当日朝に電話で連絡してますよ。)

今後も続けて勤めようと思っている人間は

なかなかできない手ですよね。

 

 

 

 

・まとめ

  • 有給休暇は都市伝説ではなく実在する。
  • 絶対とれるはずだが、空気を読んじゃうと実情はそうではない。

 

日本の有給取得率が低すぎて

空気を読むとなかなか取れませんが、

もう少し、取れる世の中になればいいですね。

おおむね月に1回は取れるはずなんですが、

なぜか皆勤しちゃうんですよね。